今日もいつもと変わらない一日が始まる。



ただ、図書室で話してから、永井君に少し近くなった気がした…


って、永井君は皆に同じ様に接しているだけなんだけど、私の気持ち的に、以前よりも緊張しないで話せてる気がする…





「永井君、昼休みバスケするんだって?」


クラスの女子二人が、永井君の席に来て話をしていた。


「あっ!そうそう、隣のクラスの奴らとゲームするんだ」


永井君は楽しみな様で嬉しそうに話していた。




「ほらっ、梨華!!」


片方が肘でどつくと梨華ちゃんは緊張した顔になった。



「あっ…あの…頑張ってね!応援行くから!」



梨華ちゃんが緊張しながら言うと、永井君はニコッと笑って「ありがと」と言った…




それを見た梨華ちゃんは頬を赤めらせた。


 

この作品のキーワード
王子様  ピュア  学園  高校生    片思い  切ない  内気  青春  爽やか 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。