「香……良かったの?」





体育館から出て、二人きりになったところで、弥生ちゃんが口を開いた。





「何が?」


私は惚けながら答えた。




「永井の事、あんただって好きなんでしょ?」





「えっ!なっなんで!」



弥生ちゃんに言ってないはずなのに、確信的な言い方に驚いた。






「見てればわかる…まぁお互いが気付いてないみたいだけど…」



「?」



「とにかく!梨華に協力するので良いの?」



弥生ちゃんは少し強めに言った。








「良いんだよ…良いの……」



「香……」



梅雨の到来という事で、外はいつのまにか雨が降ってる。




私の目からもポツポツと涙が流れた。




本当は嫌だよ…


でも、勇気がないんだよ…



その後、弥生ちゃんはその事に触れず、私の側に黙って居てくれた。


 

この作品のキーワード
王子様  ピュア  学園  高校生    片思い  切ない  内気  青春  爽やか 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。