「香、図書室行こう」


放課後になり、弥生ちゃんが私の席まで来た。


私も帰る準備をして鞄を肩にかけると「じゃあ行こう」と言った。



しかし……



「お~い!西川…頼みがあるから職員室来い!」


先生に呼ばれた弥生ちゃん…



「また!?こないだも呼ばれたし…私雑用係でもクラス委員でも無いのに…」


弥生ちゃんはしっかりしてるから先生からも頼りにされてる様だ。


「弥生ちゃん、図書委員なんてそんな仕事無いし、行っておいで!」


私の言葉に弥生ちゃんは何かを考えてた。



するとおもむろに前の席の永井君に話し掛ける。



少し顔を近づけて小さな声で話してるし、教室内は賑やかだから私まで話が聞こえなかった。



 

この作品のキーワード
王子様  ピュア  学園  高校生    片思い  切ない  内気  青春  爽やか 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。