―――――――





「えっと~これから委員会を決める…」




先生が教壇で話す。


委員会か~…
何て悩みながら隣の田中君を起こす。



「田中君…委員会決めるって!…おーい…」



「ん~委員会?」



田中君は欠伸をしながら起きて、黒板をぼーっと眺めた。



「おい、裕介~お前どうするん?」



田中君は斜めに身を乗り出して、
私の前の席である永井君に声を掛けた。





「え~?得に決めてないけど…」


そういってチラッと私を見た。



あっ、やばい…二人の会話盗み見てたのばれた……

私は急いで目を逸らす。






「新垣はどうするの?」




「へっ?」




急に永井君が、私に話を振るものだから、驚いて変な声が出た。





この作品のキーワード
王子様  ピュア  学園  高校生    片思い  切ない  内気  青春  爽やか 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。