ぬいぐるみの擬人化。

読後感の切ないものを

目指しました。

゚・*:.。. .。.:*・゜


君のファーストキスで、

泡沫を漂う僕は、

不意に目が覚めた。



君の口付けは僕に意識を持たせ、

僕に言葉を与え、

僕に魔法を使えるようにした。



僕は君の部屋にある、

茶色いクマのぬいぐるみ。




この作品のキーワード
擬人化  ぬいぐるみ  切ない