「海は何で青いと思う?」

そんな他愛もない質問

困っている私に、貴方は笑って
ヒントを教えてくれました。

「海はね、好きになってしまったんだ
空のことを・・・」

あの日の私には
貴方の言っていることが
理解できなかった。

「後は自分で探して」

そして私は必死になって
答えを探した。
パソコンで探したり
図書館へ行ってみたり

でも気づいたの
解答えなんて最初からなかった

全部私次第だったんだ
あの日から眠っていた
思いを詰めた宝箱

やっと空ける瞬間がきた
素直になれなかった私を許して?

飾りはいらない
ありのままの・・・
いつもの
自分で逢いに行くから・・・

そしたら
あの日みたいに




貴方は抱きしめてくれる?

この作品のキーワード
純愛  初恋  図書室  約束