2017年11月 スターツ文庫より再出版されます。
内容が大幅に変わっています。
タイトルも、内容の変更に合わせて『さよならレター』と変わります。
これはスターツ文庫だけであって、ブルーレーベルの方は変化はありません。
同じようですが、別物の作品として読んでいただければ嬉しいです。

2012年に発売されているブルーレーベルはサイト上の作品とほぼ変化はないはずです。(多少、加筆しておりますが)

 
〜この物語は「手紙」がテーマです〜


最近、誰か手紙を書きましたか?

大事な言葉を自分の文字で
伝えましたか?


**********


ある日


ボク、高柳 蒼
(たかやなぎ そう)
の下駄箱に一通の手紙が
入っていた。



今時手紙!?



差出人は、
あの柏木 流湖
(かしわぎ るうこ)



ボクとは無縁な
高嶺の花だと思っていた…



そんなルウコからの突然の手紙。




ボクらの恋はこの下駄箱の手紙がキッカケで始まった


**********

初「小説」を書きます。
ご意見、ご感想お待ちしています☆

沢山の皆様、本当に感想、レビューありがとうございます(^人^)書ききれない位の皆様から頂きました、感激です(*^^*)
感想になかなかお返事が出来ず申し訳ありません。しっかり読んで励みにしています♫

2011年2月28日、オススメ作品に選ばれました(>_<)
皆さんのお陰です、ありがとうございますm(__)m

2012.5.31 野いちごグランプリ受賞&書籍化決定です(^-^)v

2012.8.25 書籍発売 ブルーレーベル(横書きになっています)

2017.11.28 スターツ文庫より再出版(縦書きになっています)


幸せ者です、全ての方へ感謝です!!


***************

2011年、この作品のsideになる『蒼空Letter』という作品を執筆しました。
2作で一つの作品となりますので、よければそちらにも足を運んでいただけると嬉しいです☆☆

*************

2010 作成。

皐月コハル

好評発売中

あらすじを見る
ある日、高2のソウのゲタ箱に一通の手紙が入っていた。差出人は学校イチ可愛いと言われる同級生のルウコだった。それからふたりの秘密の文通が始まる。文通を重ねるうち、実は彼女が難病で余命わずかだと知ってしまう。ルウコは「もしも自分が死んだら、ある約束を果たして欲しい」とソウに頼む。その約束には彼女が手紙を書いた本当の意味が隠されていた…。――生と死の狭間で、未来を諦めず生きるふたりの純愛物語。
この作品のキーワード
手紙  別れ  泣ける  純愛    文通  悲しい  病気  切ない 

スターツ出版文庫

さよならレター
さよならレター
amazonで買う
楽天で買う