「ん…、ぅ~ン ふぁ…ん イ…ャ…ン ハァン…」

甘いカクテルの風味が残る口内…

混じるのは、オレのタバコの匂いを残した舌。

ピチャピチャと水音だけが響き渡る。

やべぇ
今日も止められそうにない。

環がベロベロに酔っている事を良い事に、口内を味わい尽くす。

いくらやっても止まらねぇ。

「環、環、好きだよ。オレを見ろよ」

叶わない夢だと思いながらも、酔ってるお前に聞いて欲しいと思ってしまう。

「せ…んぱ…ぃ」

ドキッと心臓が跳ねた。

環がちょっとの事では起きない事も、今の情事が記憶に残らない事もだいぶ分かって来た。

お前が発した「先輩」は、オレなのか? それとも元カレなのか? そう考えると醜い嫉妬心が顔を出す。

「ムカつく」

オレはまた貪るように唇を重ねた。

止めたくても止まらねーんだよ。


この作品のキーワード
俺様  大学生  先輩  冷たい  ペット  キス  甘々  ベタ  嫉妬  キス魔