それの始まりは、オレの暴走からだった。

飲み会の席では環をいつも隣に置いて、自分のモノだと自然にアピールして来た。

それは環が彼氏と別れても変わらなかった。

その日の環は結構飲んでいた。

赤い顔をしたまま廊下に出ようとしている。

後ろから見てても危なっかしいので、すぐオレも席を立って追いかけた。

飲み屋の廊下をフラフラ歩く環、転びそうになってとっさに後ろから体を支えた。

さらりと揺れる髪、アルコールが混じった甘い匂い、そして右腕に当たる胸の感触。

オレの体は中心からビリビリと痺れた。

もう止まらない。

オレはお前を抱きしめたまま、近くの個室に連れ込んで思いっ切り唇にかぶりついた。

これが環の感触。
貪る度に聞こえる甘い声。
ヤバい。ヤバい。

何度も何度も口付けた。

「先…輩…?」

環の小さな声で我に帰った。

ヤバい。あのままだったらマジ止まらなかった。

「ごめん…オレ」

環は、キスの後の色気のある顔でニッコリ笑ってくれた。

でも。もうこれで嫌われたと思ったのに、何故か?環の記憶には残らなかったんだ。

味をしめたオレは、その日から環に強いカクテル勧めるようになった。

早く酔えよ。
オレの醜い欲望の為に。

この作品のキーワード
俺様  大学生  先輩  冷たい  ペット  キス  甘々  ベタ  嫉妬  キス魔