ヤバい。
やりすぎた…か?

ペットボトル10本の買い出しを終えた後、環は部屋を飛び出して行ってしまった。

最近、感情のコントロールが難しい。

今日も環の唇を見た途端、昨夜のキスを思い出して体が疼いてしまう。

その心も体もオレのモノに出来たらいいのに。

顔を直視出来なくて、つい冷たい言葉を吐いてしまい、泣かしちまった。

チラッと見えた涙に、胸が痛い。追い掛けたいのに足が動かない。

その日から環はサークルに来なくなった。

「環さ、辞めるて言うんだよ。引き止めてるけどね」

アイツの友達のナツの話声が聞こえて来る。

辞める? オレから離れるなんて許さない。

イライラする。

「今日、あの店集合な。環ちゃんにも連絡しといて」

さらに谷川とも接点が出来たようで、余計にイライラが増す。

あの店ってどこだよ。

そのうち環が『夏会』の幹事を最後に辞めるらしいという噂が流れ始めた。

イライラする。
何も出来ない自分に余計イライラするんだ。

なぁ、環。
何をすればオレの元に帰ってくる?

もう環が足りねぇ。
心がカラカラだ。

この作品のキーワード
俺様  大学生  先輩  冷たい  ペット  キス  甘々  ベタ  嫉妬  キス魔