「おい、タマ。ジュース10本」

ポイッと投げられたエコバッグに、短い単語を並べただけの命令文。

「「また環チャンに頼んじゃっていいのぉ~?」」

「いいんだよ」

「「重いよ。かっわいそぉ~」」

本気で可哀想なんて思ってない、猫なで声を出すお姉さま達に囲まれて、笑顔を振りまいている銀先輩。

命令した張本人は、もう私の方なんか見てもいなくて。

悔しくて無意識に唇を噛み締めた。

「行ってぇ…きまぁ…す…」

やる気のない声と共に、持つだけて恥ずかしい、犬の絵と"タマ"と書かれた、この銀先輩特製エコバッグを手に取り部屋を後にした。


この作品のキーワード
俺様  大学生  先輩  冷たい  ペット  キス  甘々  ベタ  嫉妬  キス魔