あれから3週間が経った。その間、私は一度もサークルには顔を出していない。

「もうサークルは辞める!」

こう何度、なっちゃんに訴えただろう。

「ダメ。『夏会』の幹事が終わってからでもいいじゃない。それとも谷川と私の2人だけにやらせるつもり?」

何度も止められた。
そしてこれが、なっちゃんの言い分。

夏の会…通称『夏会』
我がサークルの伝統行事で、内容は何でもいいんだが、幹事は2年生がやる事と昔から決まっているらしい。

現在2年生は、なっちゃんと私と谷川くんしかいない。

なっちゃんの言い分も分かるんだけどね、銀先輩ともう顔を合わせたくないんだよね。

今更だし、気まずいし。そして私も微妙に立ち直れてないし。

「それにさ、銀先輩、最近荒れてるよ」

「え…?」

「先輩なりに反省してるんじゃない?」

先輩が反省してるかは不明だが、なっちゃんの言う通り『夏会』の幹事まではサークルにいる事した。

この作品のキーワード
俺様  大学生  先輩  冷たい  ペット  キス  甘々  ベタ  嫉妬  キス魔