……ねえ櫂(かい)、覚えてる?




幼い頃、2人で読んだ

『いばら姫』――。



櫂はいつまでも、可愛いお姫様、

あたしはいつまでも、お姫様を助ける王子様で。



あたしと会えないまま、

100年も眠りにつくのは嫌だって泣いたよね?



――芹霞(せりか)ちゃあああん。



愛くるしい大きな瞳から、滝のように涙を流して…

小さな身体を大きな悲しみに打ち震わせて。



――僕を1人にしないでえっ!




そう…

あたしに抱きついて泣いたよね?



あたしの可愛い櫂。

泣いてばかりの甘えんぼの櫂。



あたしは櫂が大好きだよ。



どんなに櫂が弱虫で泣き虫で

女の子のように儚く頼りなげでも。



あたしだけを頼り切る…

天使のような微笑みが、あたしの原動力になるの。



櫂を守るために、あたしは強くなるから。


この作品のキーワード
幼馴染  シリアス  片思い  切ない  成長  三角関係  秘密  独占欲  恋愛  嫉妬