ある朝、突然に時代を錯誤した者達。


平成の時代から、あまりにもかけ離れた世界に放り込まれた
、とある建設事務所の職員達と紅一点の派遣事務員のお話。


迷い込んだ先での人々と触れ合いの中、その時代を生き抜くために、彼らが取った行動とは…。



時代はどういう意志で彼らをその世界に送り込んだのか…。





そんな空想からこんな物語を書き始めました。読みにくい個所や見苦しい点もあるかとは思いますが、どうか最後までお付き合い下さい。

☆☆☆☆☆

なお、この作品を書くにあたって、いろいろとご指導下さった方々。工事関係の事を詳しく説明して下さった方々。
この場を借りてお礼申し上げます。本当にありがとうございました。

この作品のキーワード
時空移動  江戸時代