何もかもが終わり

何もかもが落ち着いた。




1人で住むには広すぎるこの部屋に
怜奈はぽつんと座っている。


まだ新しい木の香りがする仏壇に
収められた位牌をじっと眺める怜奈。


何もかもが終わり
また日常が繰り返されていくが


以前の生活は決して戻ってこない。


そのことを
この位牌が嫌というほど教えてくれる。


あのとぼけた刑事に怜奈は
宣言した。


「警察より先に犯人を捕まえる」


でも怜奈にあてがあるわけではない。
手がかりも何もないのだ。

この作品のキーワード
結婚  リアル  冷たい  秘密  裏切り  独占欲  オトナ女子  切ない  純愛  運命 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。