「少し酔ったみたい…」


レストランのテラスに出た怜奈は
身体に当たる風を全身で感じていた。


眼下には見渡す限りの光の粒が広がっている。


傲慢な人間達が灯した
地上の星を怜奈はゆっくりと眺めている。


どこからか聞こえてくる船の汽笛。



この作品のキーワード
結婚  リアル  冷たい  秘密  裏切り  独占欲  オトナ女子  切ない  純愛  運命 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。