ホントにここは警察の中なのかしら…



怜奈は雑然としたオフィスの
ソファーに座りながらそう思った。



こじんまりとした部屋の中には
机が二つだけ。


誰かのプライベートオフィスらしいが
とにかく警察特有の緊張感が


まるでないのだ。


先ほど制服姿の若い女性が
お茶を入れてくれた。


怜奈の前で濃緑の茶が湯気をたゆらせている。


窓の外は青い空と白い雲。
緑の街路樹がさわさわと風に揺らいでいる。

この作品のキーワード
結婚  リアル  冷たい  秘密  裏切り  独占欲  オトナ女子  切ない  純愛  運命 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。