「これで忘れ物はないかな?」

何度も入念にチェックをして、少しだけ大きめのスーツケースの鍵をし、ふぅ、と息をつく。

「とうとう明日だぁ~」

うきうきしながら私は机の上に置いてあった目覚ましに目をやった。

「やば!もうこんな時間!?明日は早いのに!」

慌てて私はバスタオルを引ったくり、お風呂場へと向かう。


「旅行なんて久しぶり」

自然と緩む顔を私は擦りながら、いつもはゆっくりと入るお風呂もそこそこに、早めに上がって布団に潜り込んだ。



明日から彼氏と一緒に1週間の海外旅行。

楽しみだな~!



この作品のキーワード
ひと夏の恋  旅先  出会い  失恋  別れ  セレブ  最後の夏  政略結婚  王子様 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。