サンサンと照りつける太陽に、私はふと目を醒ました。

「…あー、閉め忘れてた」

ポツリと呟きながら、窓の外を眺める。広がる雲の海に、明るく眩い光を放つ太陽に、ちょっぴりイライラした。

ふぅ、と息をつき、少しだけリクライニングされたシートにもたれかかると、チラリと隣の空いた座席に目がいった。


出発直前の出来事が、フラッシュバックする。


「…っ!」

思わずこぼれそうになる涙を、必死でぐっと歯を食いしばって堪える。



…まぁ、薄々は気づいてたけどさ。何もこのタイミングで言うことないよね。



本来ならアイツが座るはずだった座席。思い出すと余計に腹がたってきたので、また、窓の外に視線を戻した。

この作品のキーワード
ひと夏の恋  旅先  出会い  失恋  別れ  セレブ  最後の夏  政略結婚  王子様 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。