─ SIDE 宏人 ─




「なぁなぁ、あの子ダレ〜?」


“あんな子いたっけ?”と

すっごい不思議そぉ〜に、そんでもって
興味しんっしんな顔で彼女をみてる、

隣のクラスのダチ。



「鈴ちゃんだから?ほら、木下鈴乃!」


はぁ〜

この質問、これで何回目だよ〜。



「えっ?嘘だろ?…変わるもんだな。」


それだけ言い残し去っていく俺のダチ。



バスを降りてからずっとこんな感じな訳。

他のクラスのダチが来たかと思うと
みんなが聞くのは決まって

鈴ちゃんのこと。



…たまに例外もいんだけどなっ?


.

この作品のキーワード
シャーペン  隣の席  毒舌  ツンデレ  青春    思い出  焦れ焦れ  友情