目の前には、無数の屍。




頬に付いた生暖かいものを袖で拭うと、赤黒い血が衣を染めた。




『助けてくれ』




助けを乞いながら後ずさる者を、容赦なく斬り捨てる。





これが、私の使命。





生きる人形と化した者に残された、唯一の存在意義だった……。





彼らに出会うまでは。




この作品のキーワード
新選組  新撰組  土方歳三  沖田総司  斎藤一  幕末  シリアス  ギャグ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。