夜、新選組幹部総出で訪れたのは『輪違屋』。


格式が高く、最も格の高い太夫や高位の芸妓を置いていた。


芹沢がどこぞから大量の資金を得たらしく、その金で飲むのだという。




「俺は反対したんだが、芹沢さんがどうしてもと…」


既に飲み始めている幹部を横目で見、土方が申し訳なさそうに謝った。



「ふふっ。気にしませんよ。こういう所は慣れ……いえ、楽しみだったので」


「…そうか。いづれぇとは思うが勘弁してくれ」


「はい」



律儀だな、と思った。
今までの土方を見る限り、鬼の副長という異名が似合わないような気がした。




「(それとも、まだ本質を見てないだけか…)」



芸妓と戯れる永倉や原田を眺めながら考えに耽っていると。





甘い香りが鼻をかすめた。
きぬ擦れの音がした隣を見れば、酷く着飾った芸妓と目が合った。




「あんさん、えらい綺麗な顔してはりますな…」

※ここから標準語表記




高位の芸妓らしい、洗練された動きは見るものを魅力する。
残念ながら和早にとってはどうでもよかったが。



「いえ、私はそんな…」


「謙遜はよしてくださいな。あなた様のような綺麗なお侍とは初めてお会いしました」



彼女は形式的に和早に酒を勧めた。
身体は和早にぴたりと寄り添い、その気がある雰囲気を振り撒く。



「………」



嗚呼、どうしようかな。
和早は内心考えを巡らした。

この作品のキーワード
新選組  新撰組  土方歳三  沖田総司  斎藤一  幕末  シリアス  ギャグ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。