次の日――芹沢が所持していた有り金すべてを使い切るまで飲み明かした各々は、俗に言う二日酔いに苦しめられることとなった。



「み、水……ください…」

「はい、斎藤さん」


「うー…どーも…」



斎藤は水を受け取り、それをものの数秒で飲み干した。

いつもの姿勢は何処へやら、支えねば倒れるのではないかと思うくらいふらふらしている。


まあ、昨夜の飲みっぷりを考えれば当然だろうか。




「(あれが笑い上戸というものか…初めて見たな)」


どうも、斎藤自身は覚えていないらしいのだ。

「本人には黙っておいてくれ」と近藤に頼まれるくらい、凄かったのだが…。



この作品のキーワード
新選組  新撰組  土方歳三  沖田総司  斎藤一  幕末  シリアス  ギャグ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。