九月に入り、涼しさも感じられてきた頃――。




「た、大砲…!?」


和早は珍しく驚愕の声を上げた。


“攘夷派である天誅組には資金を出したのに、新選組には出さなかった”という理由で屯所から持ちだし、大和屋の土蔵に撃ち込んだというのだ。


芹沢への恐れからか誰も火を消そうとせず、炎は燃え広がった。


芹沢といえば、土蔵の屋根の上で高笑いしていたらしい。



さすがの和早も頭を押さえて苦り切る。

弁解の余地がない、庇いようのない暴挙だった。




「そーみたいですよ。まったく、仕事増やしの達人ですかねぇあの人は」


「斎藤さん、近藤さんが出掛けた場所は……」


「…さあ。松平公の所じゃないですかね? 土方さんがそれっぽいこといってましたし」



斎藤も心なしか神妙な顔つきで答えた。


この作品のキーワード
新選組  新撰組  土方歳三  沖田総司  斎藤一  幕末  シリアス  ギャグ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。