数日後、京の町。
浪士組屯所を目指し、和早は道を急いだ。


「………」



開けた場所を歩くのは久しぶりで、思わず辺りに気を取られる。

しかし、その邪魔をするものが……。




「オラ邪魔だ邪魔だァ!!」




罵声と共に、通りの中心を練り歩く集団が和早の目にとまる。

人々の活気が、水を打ったように静まった。



白昼から酒の臭いが著しく品位を落しているが──刀を差している辺り、彼らは一応侍なのだろう。



和早は徐に立ち止まり、冷めた視線で彼らが通り過ぎるのを待った。




この作品のキーワード
新選組  新撰組  土方歳三  沖田総司  斎藤一  幕末  シリアス  ギャグ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。