「……新見さんが切腹させられるかもしれないって、本当ですかそれ?」



「マジも大マジだっつーの!」



芹沢でなく、新見。
そこが重要なのだと永倉は言う。



「なんでもこう、じわじわと芹沢さんを追い詰めて最後にガッとやっちまうんだと」


「あー。大雑把な説明ありがとうございます」


完全な棒読みである。



「斎藤テメー…表出ろや!」

「はははは」



深刻な問題をさておき遊び始めた者たちを余所に、和早は眉を寄せ思案に耽る。


「(……資金は大多数あの人が集めていたらしいから、当然といえば当然なのだろうか…)」



芹沢が目立ち過ぎただけで、新見も悪事を働いていた。


切腹に異義を唱える理由はない。



この作品のキーワード
新選組  新撰組  土方歳三  沖田総司  斎藤一  幕末  シリアス  ギャグ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。