時は過ぎ、元治元(1864)年――。



新崎和早は未だ新選組隊士として屯所に残っていた。


「(ま、思わぬ落とし穴だったってところか…)」



元々容保に頼まれたのは“新選組を名乗るに相応しいかを見極める”ことであり、もうこれといった用はなかったのだが…



一度入隊した者は二度と抜け出せない、という仕組みができていたらしく、離れるに離れられなくなったのだ。


容保は容保で落ち込み具合が激しく、顔に暗い斜線がかいま見えるほど。


とりあえず、今後も彼らの様子を報告するということで落ち着いた。

この作品のキーワード
新選組  新撰組  土方歳三  沖田総司  斎藤一  幕末  シリアス  ギャグ 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。