先生がどこまで本気で何を考えているのか。


余裕で本心を見せない先生の真実の姿を見てみたい。


この間みたいに手のひらで踊らされるだけにはならない。




あたしは仕事が終わるとタクシーに乗り、先生の部屋へむかう。


インターホンを鳴らすと先生が出てきた。





「来たな、入れ」


「お邪魔します」





あたしはヒールを脱いで先生の部屋に上がっていく。


今日もまた綺麗な部屋だ。本当に生活感がない。





この作品のキーワード
先生  生徒  高校生  キャバ嬢  禁断  秘密  切ない  復讐  イケメン  強引