目覚めたのはお昼。


ケイくんが起こしにきてくれたんだけど、横には先生の姿がなかった。


帰っちゃったのかな?

それとも…夢でも見てた?


そんなわけないよね。






「桜ちゃん、早く!」


「うん、すぐ起きるね」





あたしは起き上がって、部屋をでた。


ん?なにかにおう…。


いいにおい。あたしがリビングへ入ると、先生が料理をしていた。





「顔洗ってこい。飯にすんぞ」


「あ、はい」





顔を洗って、再びリビングに戻った。



この作品のキーワード
先生  キャバ嬢  元生徒  甘々  イケメン  強引  秘密  禁断  過去  切ない