「・・・先生・・・」



そう言って、
黒い大きな瞳で俺を見上げる、
12歳も下の俺の生徒。



俺はひとりの生徒としか思ってなかったのに・・・・。



あいつは、俺しか頼れなくて・・・。



あいつは、傷ついて生きてきた。



傷つきながら、あいつは俺を探してた。





「泣くなよ、俺が居るから・・・。」




教師
壱(イチ)


×


生徒
涼(スズ)




俺は、お前を守るから。




☆・☆・☆・☆・☆・☆

ストーリーのために性的表現を使っている場所があります

ご了承ください

☆・☆・☆・☆・☆・☆



不特定更新←



タイトル変更しました(゜□゜)
傷物彼女→俺のワケアリ彼女

よろしくお願いします(人´∀`)

この作品のキーワード
切ない  俺様  歳の差  お菓子  甘い  生徒  辛い  先生  泣き虫  優しい