「はいっ、詳しく聞かせてねっ」




次の日、登校した私は中庭にいた。


もちろん夏帆に強制的に腕を引っ張られて。




私と生嶋が一緒に下校したという話は、ほとんどの生徒の耳に入ってるらしい。


生嶋はバスケ部のエースなだけあって、それなりにモテる。


そんな生嶋と一緒に帰ったもんだから、そりゃあ噂になるよな……


なんとも迷惑な話だろう。




でも相手が和弥だったら、かなり面倒なことになってるだろうな……




私は淡々と昨日の出来事を夏帆に話した。

この作品のキーワード
暴走族  俺様  地味  総長  高校生  先輩  秘密  喧嘩  イケメン  ピンク15 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。