翌日―――


登校した私はいつもの様に夏帆に捕まった。




「遊園地、楽しかった?」


「んー?まぁね」


「まぁって……何かなかったの?」


「何か…って。夏帆が期待してる様なことは何もないよ」




ただ和弥と遊園地に行っただけ。




まぁ………


いつもと違って、やけに優しくて、よく笑って


そんな和弥に見とれてしまったけど―――




「ふーん……あったんだ?」


「っ!は!?」


「良かったねぇ、凜」


「………」




何も言ってないのに、夏帆はニヤついて私を見る。




「……飲み物買ってくる」




いたたまれなくなって、私は財布片手に教室を出た。

この作品のキーワード
暴走族  俺様  地味  総長  高校生  先輩  秘密  喧嘩  イケメン  ピンク15 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。