『もう誰も愛せなねぇから。』


『私が変えてあげる。
シロウさんが好き。』


友達に付いて行った族の集会で、金髪のウルフを見た。


それは鮮やかでいて…孤独を見る瞳…。