この世の全てのヒトは




生まれる






時間



お父さん

お母さん



そして


"生まれること"を

選べたわけではない






―望まれて生まれた―


どうして
そう思えるヒトだけじゃないんだろう。


どうして
悪くないのに責められるんだろう。




心にはただ深い傷と

それでもぬくもりを求める
祈りだけ…










※この物語は全てフィクションです。実際にあった事件ではありません。




この作品のキーワード
虐待  叫び  酷い  子ども  隣室  辛い  怒り  気持ち