上辺だけ語ってるやつ
全然動こうとしないやつ
理由さがしのうまいやつ
すぐ悲観的になろうとするやつ


逃げてるやつは嫌いなんだ


僕の大好きな花
それは向日葵
みんなを照らすような明るい黄色で
元気にまっすぐ伸びている
暑いバテそうな夏の日も
きみを見ると力が湧いた


初めて君を見たときに
その笑顔は向日葵のようだと
大好きだなと思ったんだ
いつも明るく元気よく
まっすぐ気持ちを向けてくれる
挫けそうな辛い日も
きみを見ると勇気が湧いた


頑張り屋の君だから
涙流すそんな時でも
「逃げたくない」と僕に言う


いつもいつも真っ直ぐで
そんな君が好きだけど
そんな君が心配にもなる


ねぇ、知ってるかな
どんな時でも顔を上げて
太陽に堂々と向かうあの向日葵も
光の射さない暗い夜には
下を向いてたりもするんだよ


たまには落ち込んだっていい
君が言うそれは「逃げ」なんかじゃない
誰もに必要な「休憩」なんだよ


また光が射すその時には
どの向日葵もが元気に咲くんだ


そう、
暗いときを経た後の君もね・・

この作品のキーワード
向日葵  元気  笑顔  逃げ  真っ直ぐ