柚「♪♪♪〜♪♪」


朔夜とお揃いのストラップを見ながら鼻歌っていた。


でも、最近柚音は一つのことに頭を悩ませた。


それを朔夜に言わなくてはならない。


朔「朝からご機嫌ですね、」


悩んでいると奥から朔夜がリビングにきた。


柚「////」


私は歌っていたところを見られてもの凄く恥ずかしくて俯いた。


この作品のキーワード
お嬢様  年下  結婚  敬語  お見合い  嫉妬  正直者  独占欲  汚い女