「キス、してくれるんじゃないの?」





レナはわけの分からないことを言い出した。





近藤レナ、俺の元彼。




といっても
遊びで付き合っただけの間柄。




身体だけの関係とか、
そんなやらしい関係じゃない。




「どうゆうつもりだ。お前。」



俺は扉から離れて
ゆっくりと近づいてくるレナに


顔だけを向けた。






「今そこにいたの、歌波ちゃんじゃない?」





「歌波?」




なんでレナが歌波を知ってんだ?



まぁあれだけ可愛きゃ、
噂にもなるだろうけど……。






この作品のキーワード
甘々  イケメン  美少女  漫画  リアル  キス  バレー部  マネージャー  先輩  強引