いつものように『ただいま』と言いながら家へ帰ってきた。



聞こえるはずの大雅の『おかえり』と言う事がない。



それだけですごく不安にかられる。


また女を連れ込んでるんじゃないかって怖くなる。




恐る恐るリビングへ入って行くと大雅の姿がある。



よかった……。



聞こえなかっただけかな?







この作品のキーワード
嘘つき  最低男  切ない  イケメン  強引  束縛  嫉妬  遠距離  甘々  浮気