「君が好きだ、付き合って欲しい」


「えっ・・私でいいの?」

「ああ・・」

その言葉を信じた私・・だけど・・

偽りだった・・そして、私には時間がないことがわかる・・

偽りでも・・嬉しかった、思い出をありがとう。