「北川さん、もうすぐチームのミーティングだから、それまでこれでも目を通しておいて」






そう言って純哉さんはあたしにホッチキスでとめられた何枚かの紙を渡して自分のデスクに戻っていった。



あたしも自分のデスクに戻ったけど、渡された資料なんか見ずにぼけっとしていた。




だめだ…まだ驚いてる……。

ううん、動揺してる……。





これは…この再会は運命?



本当に赤い糸なんてあった?

そして、繋がっていた?




あたしは赤い糸の再会だと胸を高ぶらせていた。






この作品のキーワード
オフィスラブ  上司  部下  OL  遊び人  イケメン  大人  甘々  強引  切ない