七人の騎士と一人の姫

口づけという契約を
交わし時…

力を解き放ち世界を
希望で満たすだろう



「界源の姫の名において
我が接吻により契約せん」

「御意」



姫と騎士の契約が
世界に希望を齎す






この作品のキーワード
王子    騎士  契約  予言  王子様    能力  伝説  物語