ねぇ、どこを見ているの?



キミはボクだけを
見てればいいんだよ



今度ボク以外を見てたら…



――お仕置きだよ――?



何でもない、
普通の少年だった。


いや、

普通の少年だと思っていた。



だけどキミの愛は
あまりにも不器用で


あまりにも歪んでいて


あまりにも狂っていた。



だから私は
この愛をこう呼んだ。



『愛情狂言』

と――。


ラストには少しの衝撃を……



勢い余ってヤンデレ小説
書いちゃいました(-_-;)

感想いただけると嬉しいです☆

この作品のキーワード
ヤンデレ  双子  狂気  狂愛  監禁  不器用  破壊  隷属  精神病