「大好きだったよ。」




なんとなく、気づいていた。



物心がついた時から一緒にいたんだし、美奈の様子が違うことぐらいすぐわかる。



…なんだか、美奈が俺の前から離れていってしまうような気がして。


俺はいつもより力強く、美奈を抱きしめた。



…細い、腰。


美奈からは、シャンプーの香りがする。


この飾ったわけでは自然な香りが、俺は好き。


いつだか、この香りが一番居心地の良いものになっていた。