『朝、だ。』



まだ白い朝日に照らされながら、私は重たい体を持ち上げる。



結局、眠れなかった。



目を閉じると、瞼の裏に彼の無邪気な笑顔が浮かんできて、眠るのが勿体無いと思ったから。




――サラリ



春の風が私の鼻を刺激し、優しい匂いが辺りを充満する。



春風になびいた髪は、私の顔へと覆い被さった。



…まだ、髪には彼の匂いが残ってる。




『…もう、春か。』



蝶々が私の指に止まり、コスモスが風に踊る。



彼とも、この野原には毎年遊びにきていた。