「銀河、ねぇ…あんなことして、よかったの?」

「いいだろ、あれぐらい」

と、たいしたことじゃなさそうに銀河が口にする。

「だけど、花梨に逆に目をつけられたかも……」

心配で後ろを振り返ろうとする私を制して、

「目ぇつけられたって、俺は別にかまわないから。

それよりおまえ、もっと自分のこと気にしろよ。あんな風に言われたい放題で、いいのかよ?」

「うん……」と、口ごもる。

「だって、花梨はいつもああいう感じだから、周りもみんな目をつぶってるし。

なんか反論したりすれば、さらに責められたりとかしそうだから……」

消極的なことしか言えない自分に、嫌気が差す。

「それでいいのかよ。あんなの野放しにしといたら、ろくなことになんねぇし。

何より、理沙の中身も知らないで、言いたいこと言ってただろ」

「中身……だったら、銀河は知ってるの?」

一体、何を聞いてるんだろうと思ったけれど、そう確かめてみずにはいられなかった。

この作品のキーワード
イケメン  ホストクラブ  ホスト  ラブ  俺様  チャラ男  メガネ    キス  逆ハーレム 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。