ちょっとした、独り言。

この作品のキーワード
超短編  ダーク  哲学