「うん。じゃあ明日ね。おやすみ」


友人の麻衣と5分程話して携帯電話を閉じたわたしは、鏡に映る自分の顔に目を向けた。


「ハァ、やっぱ老けたよね……」


手の平を頬に添えると、お世辞にも十代のような張りがあるとは言えない。




明日の同窓会。
みんな来るのかな……。


”みんな”と思いながらも、強く頭に浮かんだ姿は一人。


高校生の頃に付き合っていた”織田健史”。


あの頃も、今も、

大切に想う人。







この作品のキーワード
同窓会    再会  短編  忘れられない  元彼