店の外は、ライトが消えて真っ暗だった。

足場もまともに見えない暗闇の中で、健史の指先がスッと解けた。



あ……。


心の奥にあった小さな灯が消えたような気がした。


だけどその一瞬の後、消えた健史の指先は、懐かしい感触を蘇らせてくれた。

学校帰りの恋人繋ぎ。



懐かしい……な。

けど……けど……。


高鳴る鼓動を感じながら、これはいけないことだとわかってた。

本当なら今すぐ解かなきゃ。

「やめて」って言わなきゃ……。


だけど、どうしても言えない。





この作品のキーワード
同窓会    再会  短編  忘れられない  元彼