「もう、戻れませんよ。」


それだけ言い放ち、刹那から離れていく。


血を滴らせながら、俯く彼女は、嫉妬と羞恥心で一杯だろう。


「彌生っ…!!」


顔をあげた刹那の頬には、涙が流れている。



「こんなつもりじゃ…なかったんだ。お前のことなんか、嫌いだったのに。」


泣き崩れる刹那。だが、私は何にも感じませんよ。



ひなただけが、私の感情を突き動かす権利を握っている。




「もう無理ですね。約束を守れないようなら、今日限り、貴女を解雇します。」


素直に従っていれば良かったものを。欲に溺れた可哀想な女。


「嫌だっ…!!お願い…解雇なんて言わないで…彌生っ!!!」


背中に感じる熱。刹那の香り。

抱き締めてくる腕に力が入る。


「良い子にするから…良い子にするから。だから…誰にも言わないで。」


「解雇します。ですが、約束は守ってあげましょう。颯人さんのことは秘密にしてあげますよ。貴女の両親を殺し、貴女を監禁して、去年まで刑務所で過ごしていた彼のこと。この屋敷を出たら、彼の元へ行けばいい。だが、一つだけ忠告してあげましょう。」



刹那と向き合い、優しく抱き締める。








「颯人さん、自殺しましたよ。」

この作品のキーワード
束縛  監禁  狂愛  秘密  年の差  歪み 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。