………



桜が綺麗な時期でした。



私は、お兄ちゃんと二人で公園に遊びに行きました。



かくれんぼをして、桜の木の下に隠れたら、いつの間にか眠ってしまいました。



目を覚ますと、日は沈んでいて、桜が赤く色付いていて、とても綺麗でした。



そして、知らないお兄ちゃんがいました。



私をじっと見つめたまま、ぼーっとしていました。




「んー?お兄ちゃんだあれ?おにいちゃんは?雅樹お兄ちゃんはどこー?」

少し困った顔をしたお兄ちゃんはすぐに微笑んでくれました
「…僕は、黒田彌生。君の名前は?」
とても綺麗なお兄ちゃんだなあ。と思いました。

「ひなた!!かげ ひなた。」

名前を言うと、綺麗なお兄ちゃんは桜みたいに桃色ほっぺになりました。



「彌生お兄ちゃんどこいったのかなあ?ひなたを置いて帰っちゃったのかなあ?」

幼い私は不安になり、綺麗なお兄ちゃんに尋ねました。


「お家はどこ?送ってあげるよ。」


微笑みながら私の手を握り、一緒にお家に帰りました。


お兄ちゃんの手はとても冷たかったけど、ひんやりとしていて、なんだか気持ち良かったのを覚えています。



この作品のキーワード
束縛  監禁  狂愛  秘密  年の差  歪み 

感想ノートに書き込むためには会員登録及びログインが必要です。